アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

リモコンを触る子供

テレビを付けると公共放送番組以外は必ず宣伝が入り、中には宣伝を主体にしてそれを販売に結びつけている番組もあります。
インターネットにおいても動画の最初には宣伝が入りますし、映画の場合にも叱りでこのような形態はコマーシャルフィルムと呼ばれています。
宣伝媒体費は高額であり民法のテレビ局やラジオ局ではスポンサーの収入が多くを占めるもので宣伝に対する民間人の反応とは相反する立場に立っています。
テレビコマーシャルの場合にはそこにいる集合した人に向けて1つの商品を一斉配信が行われるものですが、インターネットにおけるコマーシャルの場合にはこれがその情報を要求する人に向けて限定配信されるのでコストもそれほどかからずに消費者が自分にあった商品を探すことができて、これが本来望ましいありかたではないかという急進的な見方も出てきています。
消費者は興味のある情報であれば積極的に情報を取り入れて行く傾向にあり、このネットの時代にはふさわしいものと言えるのかもしれません。

タイムとスポット

テレビCMは番組の前後や途中で流される短い宣伝広告のことを言います。
CM広告にはタイムCMとスポットCMがあります。
前者は番組枠と一帯となった形のものを言い、番組提供スポンサーの行うコマーシャルのことを指します。
番組がこれまでの経過でわかっているために視聴者層もわかっており、その層を対象にして広告を打つことのできるものです。
企業がどのような番組を提供しているかは企業の評判にも結びつくもので視聴率が高ければ効果があったと判断できるかについては、俗悪な番組である場合には逆に企業のイメージダウンにも繋がるということが過去の事例にも見られます。
以前は企業の名前を出すことに焦点が当てられていましたが、最近では商品名を覚えてもらうような方向に変わって来ているようです。
後者の場合には番組や時間帯の指定無しで行われるタイプのものを指します。
短時間で多くの層に伝達することができ、契約期間、希望する時間帯は広告主の希望に沿う形で行われるものです。

オススメリンク

テレビ

料金について

CMの価格とは、どのようなものなのでしょうか。毎日目にする機会の多い広告ですが、メディアの広告はやはり高額な場 […]Read more
テレビを見る犬

効果は絶大

テレビというものは、毎日目にする人が多いでしょう。家にいるときはもちろん、会社にいるときや学校にいるときも見る […]Read more

関連リンク